アルバイトの仕事もある

この記事をシェアする

仲介人になる仕事

芸能事務所でアルバイトをしていると、仕事の仲介人のような役割を任されます。
テレビのプロデューサーや雑誌の記者から仕事を依頼されるので、内容を聞いてまずは依頼を受けるか芸能人に聞いてください。
やると言ったら、何時からの仕事なのか具体的に約束を決めます。
どんな仕事なのかわからないと、芸能人も依頼を受けるか判断できないでしょう。

ですから、依頼を受けた時点で仕事内容をしっかり聞いてください。
勝手に仕事を受けたり、断ったりしてはいけません。
必ず本人にやる気があるのか確認をしましょう。
また本人はやりたいと言っても、事務所がダメだという場合があります。
事務所で、やってはいけない仕事があるのか事前に確認しておきましょう。

依頼先に迷惑を掛けない

同じ時間に仕事が重なると、どれかの仕事をキャンセルしなければいけません。
すると、依頼先に迷惑を掛けてしまいます。
キャンセルをすると、芸能人の信頼を失ってしまうと思ってください。
ですから、仕事が絶対に重ならないように調整しなければいけません。
仕事が入ったら、すぐスケジュール帳にメモしてください。
別の依頼をされた時にスケジュール帳を見れば、時間が重なっていないかすぐに判断できます。

1回でも依頼先とトラブルが起こると、芸能人の仕事が来なくなってしまいます。
自分の仕事に落ち度があったことが原因で、芸能人の未来を閉ざすことのないように注意して仕事に取り組んでください。
責任が重大な仕事だと、いつも認識しましょう。